ブログ、ニュース、イベント

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

立法案–カリフォルニア休暇

カリフォルニアの雇用主は、2021年の立法会議に細心の注意を払う必要があります。 現在のパンデミックの中で、労働関連の問題はすぐに異なって見えるかもしれません。 新しい提案のいくつかは、法に署名された場合、有給の病気休暇、緊急育児、「家族」の定義の拡大、および労働法の他の重要な側面に影響を及ぼします。

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

2020年の商標近代化法

2020年の商標近代化法は27年2020月XNUMX日に法律になりました。この新しい法律は、商標訴訟の多くの面で統一された手続きを導きましたが、一方的な取消手続きにすぎませんでした。 悪意のある申立てや混乱を減らすために、申立人は誰でも...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

新年、新法

21年2020月2021日、27年の統合歳出法(「法」)の最終版が議会で可決され、2020年900月XNUMX日にトランプ大統領によって法に署名されました。この法には、XNUMX億ドルの経済刺激策が含まれています。コロナウイルスの救済の継続的な必要性の結果。 ...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

2021年最低賃金法と免除された従業員の給与

1年2021月1日以降、次の最低賃金の引き上げと従業員の免除給与が有効になります。州全体の最低賃金14月26日、カリフォルニア州の最低賃金は、従業員が13人以上の雇用者の場合は25時間あたりXNUMXドル、 XNUMX人以下の従業員...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

提案19–2021カリフォルニアの固定資産税と親子の除外の更新

16年2021月1,000,000日以降、カリフォルニア州の固定資産税の親子の除外は厳しく制限されます。 現在、親は、固定資産税の再評価に直面することなく、主たる住居を子供に譲渡し、主たる住居ではない不動産を評価するために最大19ドルを保護することができます。 提案XNUMXの下で、子供は...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

CCPAに基づく温度チェックとデータプライバシー

カリフォルニア中の企業は、COVID-19の蔓延と戦うために顧客の体温をチェックしています。 温度をチェックすることはCOVID-19の蔓延を遅らせるための優れたツールですが、データプライバシーの問題もありますか? カリフォルニア消費者保護法(「CCPA」)は、幅広い消費者情報を...から保護します。

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

カリフォルニア州は家族と医療休暇を拡大します

1年2021月12日以降、従業員が12人以上のカリフォルニア州の雇用主は、1383か月ごとに、資格のあるカリフォルニア州の従業員に最大XNUMX週間の無給の仕事保護された家族休暇と医療休暇を提供する必要があります。 Senate Bill XNUMX, recently signed into law by Governor Newsom, significantly expands the California Family Rights Act.ニューサム知事によって最近法に署名された上院法案XNUMXは、カリフォルニア家族権利法を大幅に拡大します。 Under...下...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

AB-2257はカリフォルニアの厳格な独立請負業者法からより多くの職業を免除

4年2020月2257日、ガビン・ニューサム知事はAB-5を承認しました。これにより、AB-2019によって確立された「ABCテスト」から除外される職業とビジネス関係が拡大します。 5年、カリフォルニア州議会はAB-XNUMXを可決し、労働者を独立請負業者として誤って分類することを回避するためのより厳密な法律を制定しました。

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

2020年の最優先事項:職場の多様化

2020年、世界中に拡散したコロナ感染症は私たちに多くの試練、苦難をもたらしました。しかし多くの人々は、コロナ感染拡大以外の差別的な問題が19年の懸念される事案のトップになるということは予測していなかったはずです。人種差別...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

UberとLyftの未来

カリフォルニア州高等裁判所控訴審は、サンディエゴ市およびその他2つの都市と州が起こした訴訟において、UberとLyftがライドシェアドライバーの雇用形態を見直し、正規従業員として扱うという行政命令に対する差し止め期限を延長しました。この...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

商標トロールとリブランディング

事業の再構築(リブランディング)を考えていらっしゃいますか? 米国では、商標権は「使用するか失うか」の二者択一です。商標権を保持するブランドの変更を検討する場合「商標トロール」によりあなたの知的財産権を主張できる可能性があることを知っておくことが重要です。この ...

ポテンテ、ビジネス弁護士および会社設立

サンディエゴのクラフトビール業界への支援

サンディエゴはアメリカのクラフトビールの中心地です。 クラフトビールと言えばサンディエゴ、というようにサンディエゴの知名度を上げるうえでの不可欠な要素のひとつになっています。 レストラン等のカスタマーサービス業界がコロナ感染拡大による不景気に悩まされる中、地元の醸造所も非常に厳しい立場に置かれています。 POTENTEはこれら多くの業界を全力で支援...